水道水の塩素を確認する方法について

job_tantei-compressor

水道局では、基本的に水に異常を感じた場合を除いて水質測定は行ってはくれません。

保健所では、有料で水質調査を行っていますが、基本的に残留塩素の項目はありません。

民間企業では、測定してくれるところもあるのですが、価格はそこそこ高いです。

そのため、水道水の塩素濃度は自分で調べた方が良いと思います。

理由は、安くて、早くて、簡単だから!

試薬や測定器なども今はネットで手に入りますからね。

スポンサーリンク
アドセンス

塩素濃度をなんで調べる必要があるの?

thinker-28741_640-compressor

アクアリウムをやっている方や、飲用の家庭用浄水器浄水シャワーヘッドをお使いの方は、必須ですよね。

塩素濃度を測ることで、あなたのお住まいの地域の塩素濃度を確認することができますし、地域の水質、塩素濃度の違いなどで前後するカートリッジの交換時期に関して、ろ材の寿命を正確に把握することができます。

そして浄水シャワーヘッドなどでは、アトピーや乾燥肌などの肌トラブル、髪の痛み等、自分がどれくらいの塩素濃度で症状が起こるか?ということも明確に把握することができます。

ちなみに浄水シャワーの場合、カートリッジの亜硫酸カルシウム、活性炭タイプは使用しているうちに徐々に塩素除去率が低下していきます。

交換目安の時期も、一回あたりのシャワー水量、水質、塩素濃度等により変わるので、使ってはいるものの実はあまり除去できていなかったということも起こりえます。

ビタミンCタイプのものは、ろ材が切れない限りは塩素除去率は変わりませんが、塩素濃度の高い地域などでは完全に塩素を除去しきれていない場合もあります。

そのため、ろ材の種類に関わらず、塩素が除去出来ているか確認したほうが良いと思いますよ。

残留塩素の検査、確認方法

オルトトリジン法検査薬を使う

こちらはアナログな手法。

薬剤が塩素に反応し、水の色の変化で塩素濃度を測定することができます。

約100回分なので、1回あたりの値段は8円程度です。

オルトトリジン法は、薬剤の発癌性の問題もあり、欧米では廃止されていたもので、それに習って日本でも2002年から廃止になったようです。(ただし一個人利用はOK)

原液はph値が1ですが、こちらは希釈液。でも手についたら必ず洗いましょう。

市販のオルトトリジン法検査薬は、こちらのスドーの塩素チェッカーのみですね。なんでか分からないですけど・・・。

比色表や試験管もついているので、塩素濃度を調べるのはこれが一番手軽かな〜思います。

水温に関しては、ちょっと分かりませんが、どうも水のみっぽいですね。

(この商品に関しては、最近購入したのでそのうち追記します)

DPD法検査薬を使う

こちらもアナログな手法。同じく、水の色の変化で塩素濃度を確認するタイプです。

水温に関しては、おおよそ15〜40℃の範囲まで測定出来るので水でもお湯でも大丈夫です。

ただし25〜30℃あたりから塩素が揮発しやすくなるので、その温度以上だと測定結果にばらつきが生じる可能性があります。

PDP法検査薬の場合、測定器(検査キット)を使う事により、具体的な数値がわかります。

ただこれがバカみたいに値段が高いんですよ!業務用だからってのは分かるんですけど。

検査薬だけでも残留塩素の有無はわかるので、正確な数値を計りたいという場合でなければ、試薬だけでいいと思います。

試薬のみを使った場合の確認方法は、原水と浄水の色の違いを比べることで判断することができます。

塩素が含まれていれば色が変化し、塩素が無ければ色の変化はありません。

ちなみに亜硫酸カルシウムというろ材は、塩素に40℃前後で一番反応し、水だとあまり反応しない(塩素除去効果が低くなる)そうなので、ろ材が亜硫酸カルシウムの場合はお湯を用いてDPD法検査薬を使う方法が良いかなと思います。

検査薬の形状について

DPD検査薬は液状、粒状、粉末状の3種類あるのですが、液状は開封後の使用期限が約3ヶ月〜半年と短いようなので、粉末タイプ錠剤タイプをオススメします。

粉末タイプのものは、水に溶けやすいが使用期限は1年

錠剤タイプのものは、粉末タイプに比べるとやや溶けにくいですが、使用期限が2〜3年。こちらは風に飛ばされたりしないので、屋外での使用向きの製品でもあります。

基本的に検査薬は業務用品のため、50〜100包(錠)と量が多い為、使う頻度に応じた形状のものを選べば良いと思います。

価格の平均は、大体1包(錠)あたり15〜30円程度。

100包もいらないという方は、こちらの50個入りのものがオススメです。

(まぁ、その分送料がかかってしまうんですけど・・・)

イメージ SANWA DPD粉末試薬 SANWA DPD錠剤試薬No.1  鈴研 DPD錠剤試薬
商品名 SANWA
DPD粉末試薬
SANWA
DPD錠剤試薬
No.1 
鈴研
DPD錠剤試薬
使用期限 1年 2年 3年
形状 粉末 錠剤 錠剤

あと試薬投入後の攪拌の際には、ガラス製もしくは金属製のマドラーなどを使用してください。

ちなみに指で攪拌すると皮脂などの影響で、塩素は消えてしまい検出されません。

塩素計測器を使う

こちらはデジタルな手法。

タニタの水道水残留塩素チェッカー EW-506は、温度計のような感じで塩素濃度を測る事ができます。

水温に関しては15〜25℃の範囲のみ対応なので、測定できるのは水のみとなります。

こちらはデジタルなので、簡単に正確な数値を測ることができ、約5000回も測定することが可能です。

初期費用は高いですが、測定一回あたりの価格はおよそ2円程度なので、測定回数が多い方にオススメです。

また塩素濃度を正確に計測したいという方や、1年以上にわたり長期的に使う可能性があるという方は、こちらが一番安価になります。

終わりに

この3つのうち、どれでも好きなの使って測定してくださーい!
オルトトリジン法の項目へ戻る
DPD法の項目へ戻る
計測器の項目へ戻る

<こちらの記事もどうぞ> 

水道水の塩素についての基礎知識
とても身近な事なのに、意外と知られていない水道水の塩素の話。 水道水の残留塩素濃度について 水道水の遊離残留塩素濃度は、各家庭の蛇口(給水栓)で、1リットルあた...
お風呂の塩素除去の方法について
お風呂のお湯の塩素は、肌の乾燥や髪の痛みの原因にもなってしまいますから気になってしまう方も多いのではないでしょうか。 そんなあなたにぜひ実践してほしい、塩素を除去する方法...
スポンサーリンク
アドセンス
スポンサーリンク
アドセンス