うまくいく湯シャンの方法・やり方

xwp4l0xzsxmf5uh1473334328-compressor

湯シャンとは、シャンプーを使わずにお湯だけで洗髪する方法のことです。

この湯シャンはすんなりうまくいく方もいるようですが、うまくいかない方のほうが多いと感じます。私も最初はダメでした。

そこで試行錯誤の結果でたどりついた大抵の人はうまくいくであろう湯シャンの方法、やり方をご紹介します。

興味のある方や試してみたいと思っている方は参考にしてください。ちなみにこの方法なら過去に挫折した方でもおそらくうまくいくと思います。

スポンサーリンク
アドセンス

湯シャンするならタモリ式入浴法

icon_102081_512-compressor

タモリ式入浴法とは、乾燥肌であるタモリさんが実践している、ボディーソープやボディータオルなどを使わずお湯だけで体を洗うという方法です。

つまり湯シャンの体バージョンなので、湯シャン風に表現するなら『湯ソープ』といったところですね。(そんな言い方してる人いませんけど・・・)

タモリ式入浴法は、たった1つのルールを守るだけなので簡単です。それは・・・

必ず湯船に10分はつかること。

10分程お湯に浸かる事で、汗をかき、毛穴の汚れを排出。

また角質などを柔らかくすることで、ボディーソープの洗浄力、ボディータオルの摩擦を使わずに、自然に垢を落とすことができるということだと思います。

体毛のほとんどない体でさえ、ボディーソープを使わない場合はこの行程が必要なのに、毛が密集して洗いにくい頭をシャワーのみですますということ自体が無謀なことといえます。

湯シャンを実践している人の中には、シャワーですんなり成功したみたいな方もいるようですが、私はそういう方は特別な人だと思っています。ホントに。

普通の人はシャワーだけでは無理ですよ。

というわけで、お湯につかりましょう。

湯船に入れるとさらに効果的なもの

タモリ式入浴法だけでうまくいく場合もあるとは思いますが、湯船にいれることでさらに効果を高めるアイテムもあります。

重曹

湯シャンがうまくいかない主な理由は、頭の油分が落ちないことですが、重曹を入れる事により汚れが落ちやすくなります。

さらに臭いの原因は酸化した皮脂なので、防臭にも効果的

日本の温泉はほとんどがアルカリ泉です。アルカリ泉は、美人の湯などと言われますが、古い角質などを落とす効果があるためそういわれているようです。つまり重曹は、それと同じような効果が得られます。

また重曹は、肌に合わないということもないと思います。

量に関しては、私は大さじ2杯程度入れてましたけど、お好みで。

重曹は他にも掃除や料理などにも使えるので、あると結構便利です。

ただミネラルが豊富なもの・・・というか、カルシウムが多く含まれているものは場合によってはさけたほうがいいと思うので、基本的に普通の食卓塩でいいと思います。安いですし。

私は大さじ2杯程度入れてましたけど、量はお好みで。

ビタミンC(アスコルビン酸)

水の硬度が高い地域の場合は、ビタミンCを入れることで軟水化の効果が期待できます。

硬度が高い場合、余分な皮脂がカルシウムと結合し脂肪酸カルシウムになるので髪のべたつきの原因になります。

石鹸を使っている方はご存知でしょうが、石鹸の脂肪酸とカルシウムが結合し、水に溶けない石鹸カス(金属石鹸)ができてしまうのと同じような感じです。

またカルシウムそのものが髪に付着することで、ゴワツキの原因にもなります。

あとビタミンCには塩素を無害化する効果もありますが、『タモリ式入浴法+湯シャン』の場合は、体を洗わずに湯船につかるので、塩素の除去に関してはあまり気にしなくてもいいとは思います(皮脂や蛋白汚れなどの有機物で塩素は無害化するので)。

量は付属の1gのスプーン一杯程度で大丈夫です、。

日本での硬度が高い地域など詳しい事はこちらに書いてあるので、もし気になった方はどうぞ。

水の硬度による風呂での違いについて [硬水と軟水で変わる事]
硬水と軟水の違いについて 硬水と軟水は水に対するミネラルの合有量によって分けられます。つまりカルシウムイオン、マグネシウムイオンが多ければ硬水、少なければ軟水となります。...

具体的な入浴、洗髪方法

1、かけ湯をしてから湯船に10分浸かる

2、浸かりながら体をなで皮脂等を落とす

3、湯船からあがり、お湯をかけながら頭を揉むように洗う

おわり

お風呂の前のブラッシングに関しては、この場合も必要はないかなと思います。

シャンプー前のブラッシングは、ほとんどの人には必要ない理由
『シャンプー前にはブラッシングをしましょう!』 こんな内容を一度は目にしたことがあるはず。 でもシャンプー前にブラッシングをする必要は本当にあるのでしょうか? ...

あとは臭いや、髪の状態などに関して自分では分かりにくい(気づきにくい)と思うので、ご家族か友人などに定期的に確認してもらった方がいいかなとは思います。

私が湯シャンをするに至った理由について

cjrles6pg0cueit1473394257-compressor

私の場合は、手のひらと甲、さらに肘や胸の上部に汗疱ができた為です。汗疱は端的に言うと原因不明の湿疹です。

病院に行ったら、ステロイドを処方されました。

でもこれは対処方法で、根本的な解決方法ではないんですよね。

で、『ひょっとしたら合成洗剤、添加物が肌に合わないのではないか?』と考え、まず食器用洗剤を無添加の食器洗い石鹸に変えた所、手の湿疹が治ったので、ついでに浴用洗剤を使わない入浴を試すことに。

結果、シャワーだけではやはりうまくいかなかったので、『タモリ式入浴法+重曹、塩』をいれるやり方に至りました。

ちなみに私がこの方法をやった時期は2011年頃でしたが、結局1ヶ月半くらいでやめました。

湯シャンをやめた一番の理由は、

面倒くさかったから。

毎日湯を張るのはスイッチ1つなので苦ではないんですけど、毎日浴槽を洗うのが面倒くさかったんです。なもんで、別の解決方法を模索。

基本に立ち返り、『どうしてそれをしたいのか?(理由)』『どうなればいいのか?(求めている結果)』を考えました。

そもそも湯シャンを試そうとする方々の理由は、以下の6つの理由のどれかだと思うんですよ。

①・合成洗剤、添加物が肌に合わない(皮膚疾患、肌荒れ等)
②・シャンプーの洗浄力が強くて肌に合わない(頭皮、髪の乾燥等)
③・単純にものを減らしたい(風呂掃除が楽になる、ミニマリスト的な考え等)
④・美しい髪への憧れ(髪を傷めたくない、髪のハリやコシなどを求めている)
⑤・お金を浮かせたい(シャンプー、トリートメント代の節約)
⑥・シャンプーって本当に必要なのかどうか疑問に感じた

私の場合は①です。

しいて言えば、③、⑤、⑥も当てはまらなくはないといったところですね。

で、実際に湯シャンをやってみた結果、思ったこと、感じたことは以下の通り。

①・天然由来の成分や、無添加のものを使えば解決
②・洗浄力のやさしいものを使えば解決
③・シャンプーは必要なもので減らす必要はない
④・質の良いシャンプーを買った方が楽
⑤・買った方が楽
⑥・需要があるから存在する訳なのでシャンプーは必要なもの

というわけで、私の場合はシャンプー、ボディーソープ、ハンドソープ等も無添加石鹸のものなどに変える事で問題ないということに気づいたのでやめました。

もし石鹸に興味のある方は、試しにハンドソープを使ってみるといいと思いますよ。

こちらのハンドソープは、市販の一般的なものと比べ、洗った後も変にヌメヌメせずさっぱりするのでおすすめ。

湯シャンはどんな人に向いているのか?

9gnrhjvti5dyjon1473338887_1473339203-compressor

向いてる向いてないじゃない、やるかやらないかだ!

・・・・と言いたい所ですが、乾燥肌の人、敏感肌の人ですね。

湯シャンは、合う合わないがあり、誰にでも向いているものではないということは確かです。

合わない場合でも続ける事で皮脂分泌量などが減っていく(体が適応していく)とは思いますが、それには数ヶ月〜数年かかることもあるようなので、どうしても湯シャンに移行したいという特別な理由が無い限りは、大変だし面倒だと思います。

というか、湯シャンはそもそも日本の気候には適していないと思うんですよね。年中乾燥してるような気候なら結構いいと思うんですけど。

でもやってみたら結構良かったという方もいますし、今回お伝えした方法なら大抵の方はうまくいくとは思うので、試しに1度やってみてから判断するのがいいかもしれませんね。

何にでも言える事ですが、自分で実際にやってみないと合う合わないは分からないですからね。ホント。

<こちらもどうぞ>

【タイプ別】人気・おすすめシャンプー・トリートメント【美容室専売品】
肌質や髪質、目的など異なるタイプごとのおすすめシャンプー、トリートメントをご紹介します。 基本的なことですが、どのメーカーでも同じシャンプーとトリートメントを一緒に使...
スポンサーリンク
アドセンス
スポンサーリンク
アドセンス