【レビュー】アラミックの3Dシャワーサロンスタイルプレミアムの感想

スポンサーリンク

セット内容

  • シャワーヘッド本体
  • ビタミンCボトル100g
  • アダプター4種
  • DPD試薬(4つ)
  • ゴムパッキン(2つ)
  • シリコンホールド(4つ)

その他に、説明書・3年保証の登録はがき・アダプター返却用封筒も同封してあります。

外観と特徴

3Dシャワーヘッド(角度調節機能)

シャワーヘッド部が上下48度、左右360度回転する機能を搭載。これはアラミックが特許を取得しているシャワーヘッド技術です。

どちらのタイプのシャワーフックでも自分にとってベストなシャワー角度にすることができます。なお首振りのジョイント部の固さ自体も調整可能となっています。

またシャワーフックに付属のシリコンホールドをつけることにより、本体を抑えることなく片手で簡単にシャワーヘッド角度を調整することができます。

ウォーターハンマー現象に対応のストップ機能

シャワーヘッドについている一時止水機能を使用した際に、カンッ!という音を聞いたりした経験はないでしょうか?

これは蛇口ハンドルの開閉とは異なる方法で、水や湯を急停止することにより、水道管内に強い圧力がかかるウォーターハンマー現象と呼ばれるものです。

ウォーターハンマー(スチームハンマー)実験動画

実は自動洗濯機や食器洗浄器等の普及に伴い、近年増加傾向にある現象なのです。集合住宅の場合、騒音トラブルの元になったりすることもしばしば。これはもちろんシャワーヘッドの一時止水機能も例外ではありません。

しかしアラミック製品の止水機能は、ウォーターハンマー現象が起こらず、給湯器やパイプに負担がかからない仕組みになっています。

傷や錆に強いステンレスコーティング

メタリックなシャワーヘッドは、クロームメッキのものが主流ですが、アラミック製品は、傷やサビに強いステンレスコーティングが施してあります。

安心の3年保証

登録はがきに必要事項を記入し送ることで、部品の破損等に対して3年間も保証してくれます。

実際に使ってみた感想

水の勢い・肌当たりは?

穴径0.3mm、穴数250個のきめ細かい水流となります。穴の配置に関しては、均等型ではなく、アラミック製品ではおなじみの中央集中型です。

なお節水効果は50%なので、お財布にも優しい仕様になっています。

重さや握った感じは?

3Dシャワーヘッドの構造上、ハンドルの内部にチューブ(管)が内臓されているため、やや太めのハンドル形状です。またハンドルではなくヘッド部にろ材を収納する構造ゆえ、バランスの関係上、手に持つと少し重く感じるかもしれません。

しかしこのシャワーヘッドは角度を調整できるため、基本的にはシャワーフックに引っ掛けたまま使用することを想定している製品です。そのため、手に持つ頻度は少ないでしょうから、重さや太さなどはあまり気にならない範疇だと思います。

ちゃんと塩素は除去できてるの?

きちんと除去できています。

ビタミンCの詰め替えについて

①シャワーヘッドの裏蓋を開ける。

②カートリッジを取り出す。

③カートリッジの蓋を開ける。

④ビタミンCを入れる。

アラミック製品史上最大の容量 & 注ぎ口の大きさとなっているため、溢れることなくビタミンCを補充することができます。なおカートリッジには約50gほどビタミンCを充填できるのですが、一人の場合、約4ヶ月半ほど持ちます。

実はネットでは『裏蓋が硬い、開けづらい』という口コミがいくつかあり、これが私にとって購入に関し二の足を踏む唯一の懸念材料だったのですが、どうやら現在は改良されたようです。(以前は裏蓋を開けるための器具が付属していたのですが、改良に伴い、現在はなくなりました)

特に開けにくさを感じることはなかったです。

ビタゲージの視認性

裏蓋からのビタゲージ(浮いているボール)の視認性もバッチリです!一目でビタミンC残量が確認できます。

ちなみにビタゲージが沈んだら、ろ材が無くなったというサインになります。

ちょっと気になった点(デメリット)

散水盤の穴の配置について

イオニックCシャワー(上)と3Dシャワーサロンスタイルプレミアム(下)

散水盤は非常に大きくなりましたが、イオニックCシャワーと穴の数や配置は同じでした。もちろん節水との兼ね合いもあるのでしょうが、やや間延びした配置なので、もう少し穴の数を増やしてもよかったのではないか?と最初に使用した際に思いました。

ただ2回目に使った時は特に何も感じなかったので、この辺りは慣れかもしれません。私はアラミックの穴の配置は嫌いじゃないということもありますけど・・・

ただしアラミックの中央に寄った穴の配置が好みではない方は、ちょっと気になるかもしれません。

もし過去にアラミック製品のシャワーヘッドを使用したことがあるが、水の出方に対し不満を感じたという方の場合は、他社の均一な穴の配置の散水盤の製品を選んだ方が無難です。良くも悪くもアラミックらしい散水盤ですから。

シャワーフックの設置場所について

角度調整機能が付いているので、これは基本的にはフックに引っ掛けたまま使用する製品ですが、シャワーフック自体が微妙な位置についているというご家庭の場合は、不向きと言えます。

このシャワーヘッドは、結構重めなので、常時手に持って使用するという用途にはあまり適していないと思います。

私の場合は、下段のフックに掛けっぱなしで使用するスタイルなので問題ありませんが、基本的にシャワーフックに掛けっぱなしの方向けの製品ですね。

まとめ

メリット

  • カートリッジ容量が大きい
  • きめ細やかなシャワー
  • 50%の節水効果
  • 角度調整が可能
  • 丈夫なステンレスコーティング
  • 一時止水機能付き

デメリット

  • 不均一な穴の配置
  • 少し太めのハンドルで重め

ビタミンCのろ材で容量の一番大きいもの & 角度調整ができるものを探している方に最もオススメのシャワーヘッドです。

総合的な評価としては、明確なデメリットがない塩素除去シャワーヘッドだと感じました。


イメージ
商品名

3Dシャワーサロン

スタイルプレミアム

重量約265g
原水切り替え×
節水効果50%
機能・特徴
  • 角度調整機能
  • 3年保証
  • 一時止水機能
  • ステンレス
  • コーティング
穴数250個
処理能力42000ℓ
交換目安約4ヶ月半
(1日50ℓ使用の場合)
ランニングコスト 約1800円〜/年
カートリッジ

タイトルとURLをコピーしました