スポンサーリンク

塩素除去シャワーヘッドのおすすめランキング

osusume_text-compressor

塩素除去シャワーヘッドは、様々なメーカーからいくつもの製品がでているため、自分に合うものが分からず、どれを選んだらよいか分からないという方も多いと思います。

そこで!!そんな方におすすめできる浄水シャワーヘッドをランキング形式で紹介致します。

スポンサーリンク

おすすめ・ランキングの基準などについて

以下の5つ項目を軸にランク付けしました。

❶節水効果(水道光熱費の削減)
❷ろ材の寿命(交換、補充の手間)
❸ろ材の価格(ランニングコスト)
❹重さ(本体)
❺シャワーの肌あたり(穴数、穴径など)

そのため万人受けするシャワーヘッドだと判断したものを上位に据えたランキングとなっております。

逆に言えば、この部分に関しては特に優れている!というものでも万人向けではないという製品は下位になっております。

なお基本的には節水効果のある浄水シャワーヘッドをお勧めしています。

浮いた水道光熱費でろ材(カートリッジ)代をある程度まかなう事ができますし、もし万が一塩素除去に対してあまり効果を感じられなかった場合でも、そのまま節水シャワーヘッドとして使うことができるということが理由です。

また各メーカー事に、節水効果のパーセンテージと削減金額が微妙に異なるのですが、基準としているシャワーヘッドがメーカーごとに違うことと、算出条件のガス会社が違うことが理由です。

そのためこの値は大体の目安としてとらえてください。

ただガス会社は違えど、全てのメーカーが都市ガスで算出しているため、プロパンガスの家庭の場合はそれ以上のガス代の削減になると思います。

塩素除去シャワーにするとカビが生えやすくなるの?

実際に数年使ってる私も特に変化は感じなかったので、そこまでの影響はないと思います。

カビに関しては、塩素というより風呂掃除の頻度や換気、使っているシャンプーや石鹸など浴室環境によるものが大きいです。

なお原水切り替え機能は、掃除の際に原水をつかうことでろ材を長持ちさせる為だけの機能です。

塩素の入った水で掃除したほうがカビが生えにくくなるなんてことはないんじゃないかなと思います。

これは実際に試して比べてみても分かりませんでした。

切り替え機能などを含めた自分に合う浄水シャワーの選び方に関して、もっと詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

アスコルビン酸、亜硫酸カルシウム、活性炭の違いは?

浄水シャワーヘッドに使われている【ろ材】は、主に3種類。

それぞれの特徴を端的にまとめるとこのような感じになります。

活性炭亜硫酸カルシウムアスコルビン酸
除去率徐々に下がる徐々に下がる無くなるまで変わらない
水の勢いちょっと落ちる変わらない変わらない
ろ材交換頻度少ない普通多い
価格やや安価やや高価安価

ろ材の違いについてもっと詳しく知りたいという方はこちらの記事をごらんください。

浄水シャワーヘッドランキング

1位:イオニックCシャワー(アラミック)

アラミック イオニックCシャワー

節水効果50%
5
ろ材の寿命1.5ヶ月
1.5
ランニングコスト約120円/月
5
重さ150g
4.5
肌あたり0.3mm、250個
4.5
おすすめポイント
①ランニングコストが一番安い
②塩素除去率は常に100%
③節湯効果が高いので、早い段階で本体代金すら回収できる

1人あたりの月間ランニングコストはおよそ120円程度なので、市販の浄水シャワーの中ではろ材のランニングコストがNO.1の製品です。

節湯効果は最大50%。お独り住まいの方の場合、1日5分の使用で年間約4562円の水道光熱費削減になります。4人家族なら年間18250円削減。もちろん使用時間が多ければさらにお得に。

ろ材の補充頻度に関しては、1日100ℓ使用の場合で約1.5ヶ月とやや短めなのですが、ろ材がカートリッジから無くならない限り除去率は常に変わらず100%塩素を除去してくれます。

ちなみにこちらの製品には、ちゃんと塩素が除去できているか確認する為の塩素試薬も付属しています。

ろ材に使われているアスコルビン酸(ビタミンC)は、硬水を軟水化する作用もあるのでシャンプーや石鹸の泡立ちもよくなる上、さらにカルシウムによる散水板の目詰まりの防止にも効果的です。

散水板の穴径は0,3mm、穴数は250個なので、細かく数の多い肌当たりの良いシャワーになります。

そして本体重量は150gと浄水シャワーとしては軽いため、違和感もなく扱いやすいです。

デメリットは、補充頻度の回数が多目なことと、まれに回転式のカートリッジが回らなくなる不具合が起こることです。

しかしカートリッジの不具合に関してはあまり心配しなくても大丈夫です。アラミックのカスタマーセンターに電話をすれば無料で新しいカートリッジを送ってくれます。

ネットの口コミでもアラミックのカスタマーセンターはかなり評判が良く、そこもおすすめする理由の1つです。

コストパフォーマンスの高い塩素除去シャワーヘッドを探している方にオススメです。

2位:JOWER SILK(水生活製作所)

水生活製作所 JOWER SILK

節水効果20%
3
ろ材の寿命1年
5
ランニングコスト約190円/月
4.5
重さ180g
4
肌あたり0.4mm、206個
3.5
おすすめポイント
①約1年の長寿命カートリッジ
②ランニングコストが安い
③樹脂製の散水板では一番穴数が多い

カートリッジの処理能力は、脅威の40000ℓ!

1日100ℓ使用でも1年は持つという長寿命カートリッジなので、ろ材の寿命は市販の浄水シャワーの中でダントツNO.1です。

一人あたりのろ材の月間ランニングコストは約190円

節水効果は20%。1人1日5分の使用で年間約3000円の水道光熱費の削減。4人家族なら12000円の削減。こちらも使用する時間が多ければ多いほどさらにお得に。

こちらもろ材代は、節水効果で浮いた水道光熱費でまかなえる計算となります。

同社の製品『JOWER』に比べ、散水板の穴数が増え穴径は小さくなったことにより、シャワーの浴び心地も改善されています。

また機能を省いたシンプルな構造になったため、本体重量も改良されています。

ろ材は繊維状活性炭とヤシガラ活性炭の2種類の活性炭を使用。活性炭は、不純物や臭いの吸着効果もあります。

デメリットは、ろ材が活性炭ゆえ、水圧がやや弱くなる所持ち手のハンドル部が太い所

できるだけろ材交換の手間のかからないものを探しているという方にオススメです。

3位:KIREI-TO(クレイツ)

節水効果50%
5
ろ材の寿命1年
5
ランニングコスト約250円/月
4
重さ192g
4
肌あたり0,3mm、207個
4
おすすめポイント
①約1年の長寿命カートリッジ
②活性炭タイプなのに水の勢いは落ちない
③高い節水効果 & スタイリッシュなデザイン

こちらもカートリッジの処理能力は40000ℓ。NO.1の長寿命。

一人あたりのろ材の月間ランニングコストは約250円

節水効果は50%。具体的な数値は不明。

(こちらのメーカーは美容器具メーカー初のシャワーヘッドで、比較するシャワーヘッドがないことが理由かもしれません。なお実際に使用しましたが、節水効果はそのくらいあると感じました)

こちらはろ材が活性炭タイプで唯一の金属製散水版なので、水の勢いが落ちないのが大きな特徴です。

水の勢いが落ちない、長寿命カートリッジ、高い節水効果、メタリックでどんな浴室にもフィットするデザインなどなど基本スペックも高いため、ランキング1位としたいところなのですがたった1つだけ大きなデメリットがあります。

それは角度のついているシャワーフックに合わせた設計(やや上向き仕様)がなされているので、角度のついてないシャワーフックには不向きな点です。

こちらの理由により、万人向けの商品ではないため3位にしました。

(逆に言えばシャワーフックに角度がついている浴室の場合は、より適切なシャワー角度になると思います)

活性炭の長寿命カートリッジで勢いの落ちないもの  &  節水効果が高いシャワーヘッドを探している方にオススメです。

>>公式サイトはこちら

4位:浄水ストップシャワーヘッド ピュアラ(カクダイ)

カクダイ 浄水ストップシャワー ピュアラ 357-910-W

節水効果35%
4
ろ材の寿命4ヶ月
3
ランニングコスト約380円/月
3
重さ210g
3
肌あたり0,3、260個
5
おすすめポイント
①一時ストップ機能
②とても大きな散水板
③ヘッド部にろ材を収納しているのでハンドル部が太くない

市販の浄水シャワーヘッドの中でおそらく一番大きな散水板のため、広範囲できめ細かく優しい浴び心地のシャワーヘッドです。

またこちらは手元で操作できる便利な止水スイッチもついています。

一人当たりの年間ランニングコストは380円程度

節水効果は35%。さらに一時ストップ機能を使えば+20%upなので、止水機能を効果的に使えば、年間で約5650円の水道光熱費の削減に。4人家族の場合は、22600円の削減。

ろ材はクリンスイと共同開発した亜硫酸カルシウムで、一日64ℓ使用の場合、約4ヶ月持ちます。

ろ材は安心のクリンスイ製で、シャワーヘッドはクリンスイのものより性能が良いといった印象です。

その反面、ろ材が自社製品ではないためろ材価格がデメリット。

『浄水シャワーヘッド』ではなく『普通の節水シャワーヘッド』として考えると、個人的には一番いいシャワーヘッドかなと思います。

5位:イオニックプラスビタミンCシャワー(アラミック)

【アラミック イオニックプラスビタミンCシャワー

節水効果50%
5
ろ材の寿命約2ヶ月
2
ランニングコスト約140円/月
5
重さ250g
2
肌あたり0,3mm、300個
5
おすすめポイント
①ランニングコストが安い
②塩素除去率は常に100%
③ヘッド部にろ材を収納しているのでハンドル部が太くない

イオニックCシャワーのカートリッジが回転しなくなる不具合を改善 & ろ材の容量をUPした製品で、ビタミンCの注入方法は水圧式です。

(イオニックCシャワーは水圧+回転式)

一人あたりのろ材の月間ランニングコストは約140円

節湯効果は最大50%。1人の場合、1日5分の使用で年間約4562円の水道光熱費削減。4人家族なら年間18250円。

ろ材の補充頻度は、1日100ℓ使用の場合、約2ヶ月持ちます。

その他のイオニックCシャワーとの違いは以下の通り。

•穴の数は300個に増えた(50個増量)
•フィルター式の散水板が1枚増え、散水板が2枚
•イオニックCシャワーより100g重く250g
•シャワーの向きがやや下向きの形状
•カラーリング
•ろ材を収納する位置がヘッド部
•ビタミンCの補充口がやや狭くなった(少々入れにくくなった)
•半透明のカラーのボディーになった(人によってはビタミンCの残量が目視で確認しにくくなった)
こちらは角度のついていないシャワーフック合わせた設計(やや下向き仕様)がなされているので、角度のついているシャワーフックのご家庭にはおすすめできません。

3xKcxfhpPxzi1lb1467831366_1467831716-compressor

ビタミンCタイプで、一番ろ材の持ちがよいものを探している方におすすめです。

6位:ボリーナ プリート(田中金属製作所)

TKS ボリーナプリート

節水効果50%
5
ろ材の寿命約2ヶ月
2
ランニングコスト約1000円/月
1
重さ180g
4
肌あたり153個、バブル
4
おすすめポイント
①マイクロナノバブル
②高い節水効果
③安心のメイドインジャパン

大人気のボリーナに待望の塩素除去機能がついた製品です。

こちらの最大の特徴は、マイクロナノバブル!

1mmの1万分の1のサイズの気泡が発生し、洗浄作用、保湿作用、温浴作用などの効果が期待できます。

散水版には、サイズの異なる穴が153個。

ろ材は亜硫酸カルシウムで、1日64ℓ使用の場合、約2ヶ月持ちます。

1人あたりの月間ランニングコストはおよそ1000円。ただ節水効果が高いので、そこまで負担金額は多くないと思います。

例えば同メーカーのアリアミストボリーナの場合は、1人1日7分の使用で、年間5000円の水道光熱費削減(4人家族なら20000円)なのでそのくらいの節水効果と考えると、負担金額は1人あたり1ヶ月583円くらいですね。

デメリットは、ろ材の価格が高い所水圧が極端に弱い住まいには向かない所

(※マイクロナノバブルはやや水圧が弱くなります)

塩素除去だけでなく、マイクロバブルの効果も期待したいという方におすすめです。

7位:JOWER(水生活製作所)

水生活製作所 JOWER

節水効果30%
4
ろ材の寿命約1年
5
ランニングコスト約190円/月
4.5
重さ290g
1
肌あたり0.8mm、54個
1.5
おすすめポイント
①多機能
②1年の長寿命カートリッジ
③ランニングコストが安く、節湯効果も高い

同社のJOWER SILKとの違いは以下の通り。

•節水効果は10%upの30%
(1人1日5分の使用で年間約4500円の水道光熱費の削減。4人家族の場合は18000円の削減)
•穴の数は約1/4の54個、穴の大きさは倍の0.8mm。
•重さは+110gの290g
一時止水機能、原水浄水切り替えスイッチ、打たせ湯モード、交換時期表示ダイヤルと多機能。

こちらも節水効果のおかげでろ材代は余裕でまかなえますし、原水浄水切り替えもできるのでさらにお得になります。

デメリットは、シャワー時の水流が散水版からまんべんなく出ない所(外側の外周部分からしか出ません)と市販の浄水シャワーヘッドで一番大きく重い所

こちらは多機能なシャワーヘッドを探している方におすすめです。

8位:トレシャワー RS52(東レ・トレビーノ)

東レ トレビーノ トレシャワー

節水効果原水時のみ30%
1.5
ろ材の寿命約5ヶ月
3.5
ランニングコスト約250円/月
3.5
重さ258g
2
肌あたり108個
3
おすすめポイント
①浄水原水切り替え機能
②大きな散水板
③市販の浄水シャワーヘッドの中では2番目の長寿命カートリッジ

原水浄水切り替え機能がついているので、風呂掃除の際は原水にすることによりろ材を長持ちさせる事ができます。

こちらは原水・浄水共に同じようにシャワーが使えます。

(他のメーカーの製品は浄水シャワーと原水シャワーでは出る部位が変わります)

そのため家族で使用する場合、特定の人物のみ浄水シャワーにすることができます。

例えば

『塩素があまり気にならないお父さんは原水シャワー』

『髪の痛み、肌のかさつきが気になるお母さん、アトピーの息子さんは浄水シャワー』

というような使い方もできます。

同メーカーの機種【RS51】に比べ、散水板も大きくなり、穴数は増え、穴径も小さくなりシャワーの浴び心地が改良されています。

節水効果は30%(ただし原水時のみとなります)。なので、家族全員浄水シャワーを使うという場合には、掃除以外で水道光熱費の削減効果は期待できません。

ろ材は繊維状活性炭

カートリッジは、1日80ℓ使用の場合で約5ヶ月

一人当たりの月間ランニングコストは250円程度

デメリットは、やや大きくて重い所節水効果が原水時のみという所

家族全員が浄水機能を必要としていない家庭におすすめです。

カラーは、ピンク、グレー、ブルーグリーンの3色。

9位:スプリーIV (GROHE グローエ)

グローエ(GROHE) スプリーIV

節水効果無し
0
ろ材の寿命約2ヶ月
2
ランニングコスト約830円/月
1.5
重さ不明
0
(?)
肌あたり108個
3
おすすめポイント
①4つの水流モード機能
②シリコン散水版
③スタイリッシュなデザイン

水回り製品の世界シェアNO.1であるグローエの塩素除去シャワーヘッドです。

気分に合わせて4つのシャワーパターンから選べることが大きな特徴です。

またドイツのメーカーなので、硬水対策が万全!

散水版の穴の部分がシリコン製なので、シャワーの目詰まりは指で撫でるだけで解消します。

重さは不明なのですが、金属製ではなくクロームメッキの樹脂製なので特別重い製品ではないと思います。

カートリッジは、亜硫酸カルシウムで1日64ℓ使用の場合、約2ヶ月

1人あたりの月間ランニングコストはおよそ830円

デメリットは、節水効果が無い所ろ材価格が高い所

デザインにこだわりのある方や、水の硬度の高い地域にお住まいでシャワーヘッドがよく目詰まりを起こすという方にオススメです。

終わりに

ランキング形式でご紹介しましたが、気に入ったものは見つかりましたか?

個人的には、今まで1度も使ったことがないという方にはランキング上位のもので好みのものを選べば良いと思います(ランニングコストが安く、トータルバランスがいいので)。

現在使っているけどもっといいものはないか探しているという方は、自分の用途に適したものを選んでくださいね。

1位イオニックCシャワーの項目へ戻る

2位JOWER SILKの項目へ戻る

3位KIREI-TOの項目へ戻る

4位ピュアラの項目へ戻る

5位イオニック+ビタミンCシャワーの項目へ戻る

6位ボリーナ プリートの項目へ戻る

7位JOWERの項目へ戻る

8位トレシャワーRS52の項目へ戻る

9位スプリーⅣの項目へ戻る

また全ての製品のスペックを比較検討した上で選びたいという方は、10メーカー全19種類のモデルのスペックを表にまとめた『浄水シャワーヘッド比較表』をご覧下さい。