フットプリントインソールの種類と選び方について

スケートボード用におすすめのインソール【FOOTPRINT INSOLE】の紹介です。

スポンサーリンク

スケボーにおけるインソールの重要性について

アメリカの大学がフィギュアスケートにおける選手のジャンプ着地時の衝撃を研究したところ、体重の5〜8倍もの衝撃がかかるという結果が出たようです。

参考フィギュアスケートのジャンプを科学的に見る。ジャンプ後には体重の8倍もの力がかかる

これは仮に体重が60kgだった場合、1度のジャンプで300〜480kgもの負荷が足腰にかかるということになります。

普段あまり意識しないと思いますが、数値を見るととんでもない衝撃ですよね。

大会を控える選手達は、練習で1日50回~60回のジャンプをこなすそうです。動画にでてくる選手の「若いうちから、自分がものすごく年寄りに感じる」というコメントが、その辛さ、身体の疲労、摩耗をわかりやすく表しているではないでしょうか。

硬い氷の上で競技するフィギュアスケートと同様に、アスファルトやコンクリートなど非常に硬い地面で滑るスケーターも人ごとではないですよね。

ジャンプの回数だけでいうなら、おそらくスケーターの方が多いはずですから。

FOOTPRINT INSOLEの特徴について

米軍やNASAでも採用されている特殊な素材で、なんと衝撃を90〜95%もカットしてくれます。なお性能については口で語るよりも、動画を見てもらった方がわかりやすいでしょう。

FP Insoles impact test – bowling ball dropped on glass

なおFPインソールは、足の裏の痛みなどを緩和する目的ではなく、膝や腰など関節の衝撃を和らげる用途のインソールとなります。

FPインソールの選び方について

FPインソールのラインナップは、大きく分けて4種類

以前私がネットで調べた時のことですが、甲高、甲低、幅広、幅狭、バルカナイズドソール、カップソール向きだとか、サイトにより書いてあることがてんでバラバラで、いったいどれを選んだら良いのかがさっぱり分かりませんでした。

その為、アメリカの公式サイトを見たのですが、どうやらそういったものは副次的なものらしく、自分に合うモデルを決めるポイントは、土踏まずのアーチの高さのようです。

出典http://www.fpinsoles.com/every-foot-is-different/buying-guide/

●アーチの高い方は、着地時でも土踏まず部分が地面に着かないためそれに適したモデル。

●逆に土踏まずのない方、アーチの低い方は、着地時に土踏まずを含めた足裏全体に衝撃がかかるためそれに適したモデル。

・・・のようです。

そもそも欧米では、土踏まずのアーチは着地時の衝撃を吸収・緩和・分散してくれるものという考え方らしく、【アーチの高い足=故障の少ない丈夫な足】という認識らしいです。

そう考えると、日本人は7割以上が偏平足と言われているので、足の弱い日本人には特に適したインソールといえるかもしれません。

ローアーチ・フラットフット向きモデルは?

土踏まずのアーチが低い方や、いわゆる扁平足の方は、土踏まずの部分もあるモデルが適しています。

①スタンダード
②エリート
③オーソティックス
④ゲームチェンジャーズ

ミッドアーチ向きのモデルは?

普通の土踏まずの方は、どれでもOK

①スタンダード
②エリート
③オーソティックス
④ゲームチェンジャーズ

ハイアーチ向きのモデルは?

土踏まずのアーチが高い方は、土踏まずの無いモデル

①スタンダード
②エリート
③オーソティックス
④ゲームチェンジャーズ

FPインソールラインナップ【全4種】

①スタンダード(無印)

タイプ 土踏まず無し・完全フラットタイプ
厚さ 5mm or 7mm
サイズ 1cmごと

土踏まずの部分が無く、ソール自体に丸みもない完全なフラットタイプです。

サイズは、1cm刻みのハーフサイズ無し。縫い目の外側部分まではカットしても大丈夫なので、ハーフサイズではない方はカットして使用する感じです。

例えばあなたのサイズが26cmの場合、USサイズの8と8.5が兼用なので5mmほどカットが必要。

このモデルのみ、厚みが2パターンあります。

5mmタイプ

7mmタイプ(HI PROFILE)

②ELITE エリート

タイプ 土踏まず無し
厚さ 約5mm〜10mm
サイズ 2サイズ

5mm〜10mmとつま先の方からかかとに向かって厚みが増すタイプで、かかとのふちの部分は、丸みを帯びた立体的な形状になっています。

VansやAdidasなどはかかとの部分が高いインソールなので、そういったスケシューを使用している方に向いているモデルだと思います。

サイズは2サイズあるのですが、日本に入ってくるものはほぼ23.5〜28.5cmのサイズのみで、28,5cm以上のものはほぼないと思います。

ことらは基本的にはハサミで自分の足のサイズにカットするモデルとなります。

Footprint Insole Technology : Kingfoam Elite set up with Shmatty Chaffin

またエリートはかかと部分に入れる専用のインソールもあります。

③ORHTHOTICS オーソティックス

タイプ 土踏まず有り
厚さ約 4〜8mm
サイズ 1cmごと

こちらもかかとに向かって厚みが増していくモデルで、完全にフラットな形状ではなく、かかとの部分にやや丸みを帯びた形状となっています。

④GAMECHANGERS ゲームチェンジャーズ

タイプ 土踏まず有り・形成タイプ
厚さ 約4〜8mm
サイズ 1cmごと

形状は、オーソティックスと同様ですが、こちらのモデルは自分の足の形に合うようカスタマイズできるモデルとなります。

Gamechangers custom orthotics by Footprint Insole Technology / FP Insoles

オーブンなどで225F(110℃)で8〜10分加熱することで膨張し、その後、履くことで自分の足型に形成することができます。

なおオーブンを使わなくても足の体温である程度型がつくようなのですが、動画を見る限り温度が低いと膨張しないようなので、できればオーブンを使用した方がよさそうですね。

実際に使ってみた感想

一度のジャンプで明らかに衝撃の違いが分かる!!!

・・・という感じはなかったのですが、ジャンプの回数を重ねるにつれはっきりと効果が感じられます

私の場合、普段なら1時間で膝が微妙な感じでだるくなるのですが、フットプリントインソールを使用した場合、2時間以上平気になりました。

もともと使用していたvans proのインソール【ULTRACUSH】も厚めで衝撃吸収には定評のあるものなのですが、それ以上に優秀だと思います。感覚としてはULTRACUSHよりも2.5倍くらいショックを和らげてくれる感じですね。

あと連日滑ると3日目の朝には必ず膝が痛くなっていたのですが、それもなくなりました。

そういったことを踏まえると、触れ込みの通り、ショック吸収に関しては、かなり優秀なインソールだと思います。

あとこういった衝撃を和らげるインソールは、ものによっては板を弾く力を吸収してしまい感覚が変わったりするものもあるようなのですが、このインソールは特に変わりませんでした。

終わりに

足裏のボードフィーリングを多少犠牲にしてもショックを和らげたいという方なら、TIAGOのようなアウトソールにエアバックが搭載されているようなスケシューを使うという選択肢もありだと思います。

しかし足裏のボードフィーリングを損なわずショックを和らげたいという方にはフットプリントインソールがオススメです。

気合いや根性で乗り切るのも手ですが、テクノロジーの進化によって受けられる恩恵は享受しましょう・・・と、いうのも一度すり減ってしまった軟骨は2度と再生しないからです

膝や腰など関節の痛みに悩まされている方や、出来るだけ長くスケートを続けたいという方はもちろん、全てのスケーターに使ってほしいインソールなので、あなたもぜひ一度フットプリントインソールを試してみてはいかがでしょうか。

▲ ①スタンダードの項目へ戻る

▲ ②エリートの項目へ戻る

▲ ③オーソティックスの項目へ戻る

▲ ④ゲームチェンジャーズ項目へ戻る

タイトルとURLをコピーしました