【レビュー】 Sony MDR-XB950N1 ノイズキャンセリング&ワイヤレス

ワイヤレス、専用アプリ、ノイズキャンセリング機能などを搭載したヘッドフォン MDR-XB950N1がかなりよかったのでご紹介します。

このヘッドフォン、なぜあまり人気がないのか不思議でたまりませんよ・・・。

スポンサーリンク

MDR-XB950N1の基本スペック

MDR-XB950N1
充電方法 USB方式
充電時間約7時間
電池持続時間(連続音声再生時間)約22時間
通信方式Bluetooth標準規格 Ver.4.1
出力Bluetooth標準規格 Power Class2
最大通信距離約10m
周波数特性20hz-20000hz
 対応コーデック SBC.AAC.aptX

つけ心地

ほぼアラウンドイヤーで、イヤーパッドは肉厚です。

側圧は特別強くもなく、弱くもなく適切といったところでしょうか。頭を揺すってもずれることなく、フィットしてくれます。

またメガネをかけての使用でも干渉せず、問題なく使用できました。

携帯性

折りたたみ方は2パターンあるので、シーンによって使い分けることができます。

音質

ヘッドフォンで一番気になる所といえばやはり音質ですよね。

ヘッドフォンマニアではないことを先に断っておきますが、私の個人的な感想としては、機能も含めた上で値段相応分の音は確実に出るヘッドフォンだと思いました。

密閉型なので『音がモコモコだったら困るな・・・』と危惧していたのですが、ボーカルの声もクリアな音だったので安心しました。

また無線とはいえ下手な有線ヘッドフォンよりは優秀でしたね。

ブルートゥース接続も切れることはなく使用できています。

付属品

充電は、マイクロUSB方式。キャリングポーチは、ソフトケース。

そして付属のヘッドフォンケーブルで、有線での使用も可能です。

(基本的に普段は使用していないのですが、やはり有線の方が若干音が良かったですね)

ここがすごいよ!MDR-XB950N1

専用アプリ【Sony | Headphones Conncet】

MDR-XB950N1の無料スマホ専用アプリ『Headphones Conncet』を使うことにより、このヘッドフォンの性能を最大限に引き出すことができます。

なお現在のソニーのヘッドフォンのラインナップでは、唯一この機種だけアプリに対応しています。

(ちなみに私の場合は、このアプリの存在が購入の決め手になりました)

Sony | Headphones Connect

Sony | Headphones Connect
無料
posted with アプリーチ

アプリの機能は以下の4つとなります。

①バッテリー残量が一目で分かる

充電式ゆえ電池残量は気になるところですが、アプリで残量を確認することができます。

充電時間に関しては7時間とちょいと長め。ただし電池持続時間(連続音声再生時間)も、約22時間と長時間使用が可能なので出先で電池が切れるということはまずないと思います。

なおヘッドフォン自体には音声で電池残量を教えてくれる機能も付いています。

②サウンドエフェクト機能

4つの異なるサウンドエフェクト機能で、まるでその場にいるような空間に広がりのある音を楽しむことができます。

その会場で聴いているようなライブ音源のような感じに聞こえるのでかなり楽しいです。

もちろんサラウンドエフェクト機能はオフにもできますよ。

③ベースエフェクト機能

低音部をアプリでコントロールすることができます。

このヘッドフォン最大のウリである『低音』に関わる機能です。

ベースエフェクトは『+10』〜『−10』21段階に変更可能

実はMDR-XB950N1は低音重視タイプのヘッドフォンとされていますが、逆に低音部をカットすることも可能なんです。

簡単にまとめるとこのような感じ。

ベースエフェクト数値
OFFやや低音の効いたバランスの良い音
ON−10フラットな音
ON+10重低音ズンズンの音

そのためこのヘッドフォンはどんなジャンルの曲にも対応できるヘッドフォンでもあると思うんですよね。

そしてウリでもある重低音【エレクトロベースブースター】を効かせた音は・・・

 

正直たまげました!

 

『低音が神がかってる』という口コミを見ましたが、まさにその通りでした。

テクノ、ハウス、EDM、HM/HRなど重低音をズンズン効かせたい方には最高のヘッドフォンだといえるのではないでしょうか。

④ノイズキャンセリング

本体にもノイズキャンセリングボタンはついているのですが、アプリでの操作も可能です。

フルオート AI ノイズキャンセリング機能搭載

http://www.sony.jp/headphone/products/MDR-XB950N1/

ヘッドフォン内臓のマイクが周囲の音を分析し、適切なノイズキャンセリングモードを自動で選んでくれます

 

NCモードA主に旅客機の騒音低減に効果的
NCモードB主にバス・電車の騒音低減に効果的
NCモードC主にオフィス環境(パソコン、コピー機、空調等)の騒音低減に効果的

ノイズキャンセリング機能に関しては、あるとないとではやはり大きな違いがありました。

性能に関しては、必要十分、及第点だと思います。

もちろん移動中や作業に集中したい時など周囲の雑音が気になる状況で、ノイズキャンセリング機能のみの使用も可能。

ただしその場合はブルートゥース接続が必須となります。

(接続してない場合は、約5分ほどで電源が切れる仕様になっています)

ハンズフリーでの通話も可能

マイクもついているので、手ぶらで電話できます。

長電話や、何かしらの作業中の時などはとても重宝する機能ではないでしょうか。ちなみにline電話も大丈夫でした。

なお音楽を聴いてる時にかかってくると、音が自然にフェードアウトしたのちに着信音がなります。

そんな時この電話のマークのついたボタンをポチっと押すだけ。

そして通話が終わった際は、再びボタンを押せばまた音楽が流れます。

 

この機能唯一の懸念は、周りの人に独り言いってるヤバいやつだと思われたらどうしよう・・・ってくらいです。

ワイヤレスでPS4も映画も楽しめる

ヘッドフォンの対応コーデックは、aptX, AAC, SBC。

私の場合、テレビでの使用の際にはこちらを使用していますが、遅延がほぼない高音質なaptXに対応しているのでほぼ遅延なく使用できています。

普段ps4でゲームをしたり、アマゾンプライムで動画などを見たりしますが、遅延に関しては特に気にならないレベルです。

重低音の効いた迫力のあるサウンドを出せるので、音楽だけでなくゲームや映画向きのヘッドフォンでもあると思いますよ。

MDR-XB950N1のデメリット

つらつらとメリットを書きましたが、人によっては不満に感じるであろう部分を書き出して見ます。

ハイレゾに対応していない

周波数特性は20hz-20000hzなのでハイレゾ未対応機種です。

(ハイレゾ対応は、-40000hz)

普段ハイレゾ音源を楽んでいるという方には向いていません。

長時間の着用には向かない

私の場合ですと長時間つけると少々耳がいたくなります。

具体的にいうと2時間半〜3時間くらいの連続使用なら大丈夫なのですが、それ以上使用する場合はヘッドフォンを外して耳の休息時間が必要となります。

これに関しては耳の形状などもあるので個人差があると思います。

ただ特別つけ心地の良いヘッドフォン以外は高いモデルでも長時間の着用はキツイと思うので、とにかくつけ心地がよく長時間つけていられるヘッドフォンを探しているという方には向いてないかもしれませんね。

MDR-XB950N1はこんな方にオススメ!

●低音を自分好みに調節したい
●2万円以内のブルートゥース対応 & ノイズキャンセリング機能搭載のヘッドフォンを探している
●ライブのような音を聴きたい

ヘッドホン:MDR-XB950N1プロモーションムービー【ソニー公式】

発売当初は約3万円でしたが、現在の市場価格は2万円以内に下がってきました。

個人的にはかなり汎用性の高く、非常に面白いヘッドフォンだと感じましたし、買ってよかったと思った製品なので、悩んでいるという方には迷わずおすすめしたいです!

ぜひ一度この音を体感してみてください。たまげますよ〜、いや、マジで!

あと4000万曲が聴き放題のAmazon Music Unlimitedもよかったので、こちらも合わせてオススメ!