【レビュー】カクダイのピュアラ(青)の感想

カクダイの塩素除去シャワーヘッドは、一時ストップ機能が付いているピュアラ(赤)と付いていないピュアラ(青)の2種類。

個人的にストップ機能は必要ない為、ピュアラ青を購入。そのレビュー記事です。

もし気になっている方がいたら参考にしてください。

スポンサーリンク

セット内容

  • シャワーヘッド
  • カートリッジ
  • アダプター3種
  • ゴミパッキン

メーカー保証はありませんが、不良品の場合は交換してくれるそうです。

このシャワーヘッドは構造上故障することはほぼないと思うので、保証がなくても問題ないと思います。

浄水の仕組み

ろ材は亜硫酸カルシウム

シャワーヘッド内部にカートリッジを取り付けて使用します。

ろ材成分が徐々に溶け出し塩素を除去するような感じですね。

カートリッジには交換日を記入することができる上、取り付け向きも記載してある親切設計。

クリンスイと共同開発したというカートリッジの寿命は約4ヶ月です。

ピュアラ(青)を使った感想

重さや握った感じはどうなの?

シャワーヘッド 135g

カートリッジ 49g

計184g

曲線を描いたハンドルに加え、ヘッド部にろ材を収納するタイプのため、実際に持ってみると重心の関係上数値よりやや重く感じます。

私が最初に手に持った感想は

え!?思っていたよりも重い・・・ちょっと使いずらそう

でした。

しかし実際に使ってみると、シャワーの水圧でうまいことバランスが取れるため重さが解消されます。

シャワーを手に持って使うことが多いという方でも重いと感じることはないと思います。

極端に水圧が弱いという場合でなければ重さは問題なさそうですね

またハンドルは曲線を描いた細めのハンドルなので、手の小さな方でも違和感を感じることのない握り心地となっています。

シャワーの感じについて

0.3mm260個の穴で、30%の節水効果もある肌あたりのやさしいシャワーになります。

特徴としては、シャワーの穴が均一に配置されている所。

シャワー穴が中央に多めに配置されている散水版は割と多いのですが、こちらは穴の配置がほぼ均一です。

このあたりは好みの問題ですね。

また散水版の大きさも特徴の1つ。

金属製の散水版の中では、現状一番大きな散水版を搭載したシャワーヘッドとなります。

塩素は除去できてる?

問題なく除去できています。

終わりに

メリット

  • 大きな散水版
  • 細めのハンドル
  • 散水版の穴が均一

デメリット

  • ろ材のコスト
  • ろ材の交換頻度

ピュアラは、シンプルでトータルバランスのよい塩素除去シャワーヘッドだと思います!

なおストップ機能を搭載したピュアラ(赤)もあります。