【レビュー】水生活製作所のJOWER SILKの感想

水生活製作所の浄水シャワーヘッド『JOWER SILK』のレビューです。

処理能力(水量)は高くカートリッジ寿命が長い反面、ハンドルが太めで水の勢いも落ちる可能性もあるためどうなんだろうと思っていましたが、結論から言うとかなり良いシャワーヘッドだと思いました。

スポンサーリンク
アドセンス

セット内容

セット内容は

  • シャワーヘッド本体
  • カートリッジ
  • アダプター3種
  • ゴムパッキン
  • 説明書

説明書に1年間のメーカー保障も付いています。あまり壊れるようなものでもないですが、やはり保障期間が長いというのは安心しますね。

JOWER SILKのカートリッジ交換・浄水の仕組み

カートリッジはハンドル内部に収納。

交換の際には、本体をくるくる回して外すねじ式タイプです。

水はカートリッジの中を通過するタイプ(濾過)というわけではなく、筒の外側を通ることによって塩素を除去する仕組みのようです。

その際、水が通る側面の幅が結構狭いため、水圧がやや落ちてしまうようですね。

ちなみにカートリッジは『JOWER』と『JOWER SILK』共に同じものになります。真ん中の穴はjowerの原水浄水切り替え機能原水用の為の穴です。

実際に使った感想

水の勢いはどうなのか?

活性炭タイプは水の勢いが落ちてしまうというデメリットがありますが、確かに他のものと比べ、水の勢いは落ちました。

やはり落ちてしまうことは事実なので、家の水圧が結構低いという家庭では活性炭タイプは向かないと思います。

ただ蛇口をよりひねればそれだけ勢いは増しますし、私の場合は特に不満に感じる水圧になるようなことはありませんでした。正直、普通・・・というか、全く問題なかったです。

特にお家の水圧が低いとは感じたことはないという方なら、まず間違いなく問題ないと感じるレベルなのではないでしょうか。

重さや、握った感じはどうなの?

重さは本体+カートリッジで183gでした。

同社の『JOWER』 に比べ約100gも軽くなっています。重量の部分に関しては、様々な機能をあえて省いてある『JOWER SILK』の最大のメリットと言えます。

(約180gなので、重量に関しては公式サイトの情報に誤りがあるようですね)

手に持った感じも塩素除去シャワーヘッドにしては軽めの印象です。

(※身長172cm、足の大きさは26,5cmなので平均的な成人男性サイズの手だと思います)

ただしカートリッジがハンドル部収納タイプということもあり、浄水シャワーヘッドの中では太めのハンドルです。

・・・・というか、もっとも太いモデルの1つかもしれません。ここはデメリットの1つですね。

ただ思っていたよりも違和感は感じず、握りづらい、扱いづらいという感覚はありませんでした・・・意外にも!

そこはちょっとぐぬぬ・・・って感じです。(なんでだよ)

なので、おそらく大人の方なら問題はないんじゃないかな〜と思います。

たださすがに小さなお子様のいる家庭にはちょっと不向きかなとは思いました。

例えるならカラオケのマイクくらいの感じですかね。だからあんまり違和感がなかったのかもしれません。

でも私はカラオケにあんまりいったりしないんですけどね・・・(おい)

シャワーの感じはどうなの?

穴の大きさは0.4mm、穴の数は206個。そして散水版の楕円形が特徴的!

体全体にシャワーが当たるので、縦に長いという散水版は結構ありなのかもしれません。

あと実物をみて思ったのですが、散水版自体の面積は比較的大きめでしたね。

こちらの商品は塩素除去シャワーヘッドの中で樹脂製では一番穴の数が多く、穴のサイズが一番小さいモデルなので、金属製の散水版(0,3mm)を除けば、こちらのシャワーヘッドが一番やさしい浴び心地のシャワーヘッドです。

もし現在樹脂製の普通のシャワーヘッドを使っているという方は、さらにきめ細かくあたりの優しいシャワーになると思いますよ。

ちゃんと塩素除去できてるの?

お湯だと塩素が揮発しやすいこともあり、で計測しましたが・・・

ちゃんと除去できてます!

純粋な濾過ではなく側面を通る仕組みなので、本当に除去できてるのかなぁ?・・・と思っていましたが大丈夫でした。

(なお我が家の原水での遊離残留塩素は0・4mg/ℓぐらいです)

水生活製作所のjowerシリーズの遊離残留塩素低減能力は、なんと40000ℓ!

1日100ℓ(約13分)の使用で1年も持つほどの長寿命カートリッジです。

ここがこのメーカーの商品の最大の強みといえますね。

なおカートリッジ交換タイプは、徐々に塩素除去力が落ちていきます。ちなみに交換目安時期、水量の塩素除去率は50%となります。

ただやはりこれだけろ材の交換頻度が少ないってのはかなりのメリットといえるのではないでしょうか。

終わりに

メリット

  • 1年もつほどの長寿命カートリッジ
  • シンプルな作り
  • 軽い

デメリット

  • ハンドルが太い
  • 水の勢いが落ちる

といったところです。

『カートリッジの交換とか面倒くさいな〜』

『ろ材が長持ちするものないかな〜』

という方には、ベストな浄水シャワーヘッドだと思いますよ。

追記:処理能力について

しばらく使用して塩素が除去できているか確認してみました。

(1人での使用の場合は約1年の寿命ですが、うちの場合は2人で使用したので1/2の寿命になります)

3ヶ月後 → 100%除去できてます

半年後 → 100%除去できてます

活性炭タイプは、水量ではなく塩素の量で寿命が変わるのですが、思っている以上に持ちました。

スポンサーリンク
アドセンス
スポンサーリンク
アドセンス